ダーツを離すだけにするのか指で送るのか

ダーツが安定して飛ばない時やなんか気持ち悪いと感じるときにリリースを意識すると改善することがあります。

ダーツのリリース時、ただ離すだけという方法と指で送る方法。

それぞれの特徴を書いていくので両方試してダーツの成績の安定化を図ってみてください。

ただ離すだけのリリース

ただ離すだけのリリースとは、手首をほとんど使わずにリリースタイミングで指をパッと離すだけのリリースです。

これはあくまで僕の感覚ですが、スイングと呼ばれるタイプの投げ方をする人に向いている方法だと思います。

プッシュタイプでも可能ですが矢先がぶれてグルーピングが悪くなるかもしれません。

指で送るリリース

指で送るリリースとは、手首だけで投げる所謂チョイ投げに近いような手の動きをするリリースです。

ダーツを手首から先で送り込むような動作をします。

スイングでこの投げ方をするのはかなり難しく感じました。

プッシュタイプかチョイ投げで使えるリリースだと思います。

この動きをわかりやすく言うと工藤静香のような動きだとどこかのサイトで見ました。(どちら様のサイトか思い出せないのが申し訳ない)

上の動画で外人さんが顔に沿って手を動かしてます。そんなイメージでダーツを送ってあげます。

どっちのリリースが良いかはわからない

どちらのリリースも一長一短あります。

離すだけのリリースは指で送るという余計な動作を省いているため、再現性が高いと思います。

そのかわり、少しの矢先のズレで大きくターゲットからそれてしまいます。

指で送るリリースは指で送る動作を毎回同じにしなければずれて刺さってしまいます。

そのかわり、指で送ることによって矢先が毎回同じように飛び出す状態にすることが容易にできると思います。

メリット・デメリットだけを見てどちらかを選ぶよりも両方を試してみて安定化を図ってほしいと思います。

最後に

僕は昔チョイ投げだったので自然と指で送って投げていました。

ですが、チョイ投げはダサいと思ったりリリース時に安定させるには余計な動作は省いたほうが良いという考えから、指で送らない方法で練習しました。

結果、レートが9に落ちました。

現在は指で送るリリースを採用しチョイ投げも卒業できて無事にAフラに戻っています。

直近だと01スタッツが一日の平均で90弱出ているのでもっと安定させてAAフライトになりたいと思います。

 

人によって違うと思うけど、でもやっぱり指で送って投げるほうが安定すると思うなぁ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です