ダーツのグリップで中指に違和感がある人は見てみるといいかもしれないこと

グリップ研究を1ヶ月以上続けてきて、ようやくしっくり来る形になりました。

中指がおかしいという違和感だけがず〜っとある状態だったので、とにかく中指を使わないことを意識してました。

結果的に中指に問題があったわけではなかったんですけどね。

中指が伸びてしまう違和感

プロのグリップを見てグリップの研究とかすると思います。

で、見てみると、中指が人差し指に近い位置にあったり、バレルの横から添えていたりしてるんです。

これが村松治樹氏のグリップ

これがフィル・テイラー氏のグリップ

どちらも中指が横に添えてあります。

同時に、中指の先がバレルに向かっているんです。

中指の先がバレルに触れているといったほうが正しいかもしれません。

 

このお二人と一緒に並べるのも恐れ多いですが、僕のグリップ(修正前)です。

中指の先をバレルに触れさせることができません。

中指の側面にバレルorティップがあります。

これが僕の違和感の原因でした。

中指が伸びてしまうのであらゆるプロのグリップを真似ようとしてもできなかったんです。

さらに、中指が伸びることによって無駄な力が入ってしまいどうしても安定しないのです。

よくこれでAフラまでこれたなと自分でも思います。

で、これが現在のグリップ

中指が伸びてしまうことはありません。

中指の先をバレルにつけようと思えばできます。

徐々に中指の先をバレルに触れさせるようにするつもりです。

もちろん成績次第では無理に中指の先を触れさせることはしませんが。

人差し指で真っ直ぐ投げるために意識していたグリップが諸悪の根源

真っ直ぐ投げることを目的にしていたため、フォロースルーで人差し指がボードにしっかり向くようなグリップを研究していました。

そこで僕がずっとやってきたグリップは、人差し指を真っ直ぐバレルに添わせるということでした。

ここで修正前の僕のグリップを上からみた写真をご覧ください。

人差し指を真っ直ぐティップの先に向けています。

こうすることでまっすぐダーツを飛ばそうと考えていたわけです。

実際は真っすぐ飛びません。

というか投げにくいです。

いや、投げにくくはなかったんです。元々自分のグリップだし。

ただ、違和感があった。

これを解消したのが、修正後のグリップ。

人差し指の先をバレルに沿って伸ばすのをやめました。

たったこれだけで中指の違和感がなくなりました。

腕を振る方向と矢先の方向

ちょっとだけ話が逸れますが、大事なことなので説明しておきます。

まず、腕を振る方向とダーツの矢先の向きが一致していないとうまく飛ばせないということはなんとなく想像つくと思います。

グリップしたときに左を向くということは、矢先を正面に向けるために手首を右にひねる必要があります。

この状態で真っ直ぐ腕を引いて倒すというのはなかなかしんどいです。

親指と人差し指でOKマークを作って、輪っかの中を覗き込む腕の形が一番楽だと思います。

ということは、このOKマークの輪っかを徐々に小さくしていって、この中にダーツを差し込んでいる状態が一番楽ということになります。

ですが、そんな台パンするときのようなグリップで投げられるわけは無いので少し修正する必要があります。

実は、修正前のグリップは中指が伸びるので、矢先が腕を振る方向と一致せず、若干左を向いてしまうのです。

だから、うまく飛ばすには腕を右から左へ振らなければ綺麗に飛ばせないのです。

右耳のあたりがテイクバックエンドで左目の辺りがフォロースルーという感じの腕の振り方です。

今までのグリップでAフラになれたのは右から左へうまく腕を振っていたからなんです。

修正後のグリップは人差し指が左を向くことによって矢先が少し右を向きます。

そのため、腕を振る方向とリンクして真っ直ぐ飛ばすことができます。

グリップの違和感を取り除くことが上達の鍵

今回僕は中指が伸びてしまうことが違和感だと思っていました。

実際伸びていることが僕の中では悪だったのですが、その悪を引き起こしているのが人差し指だったわけです。

もし僕と同じ中指の違和感があるのであれば、僕と同じ修正が通用するかもしれません。

しかし、グリップ自体が十人十色なのでそう簡単にはいかないと思います。

ですが、違和感の原因がその指自体ではなく、別の指の可能性もあるということが証明できたんじゃないかな?とも思います。

ただ投げるのではなく少しずつでもなにかを試しながら投げると良いかもしれません。

最後に

今回のグリップの発見は本当にたまたまでした。本当にたまたま人差し指をバレルに絡めてみたんです。

そうしたら親指と中指で持っているような感覚になりました。

でも、中指を使いたくないと考えているのでなんとなく嫌悪しながら投げていました。

何回かその投げ方をしていると、中指の先がバレルに触れている状態でも投げられるし、実は親指と人差指で投げてるという事実に気づきました。

急いで写真をとってメモを取りました。

現在はすごくグリップにも飛びにも安心感があります。

いろいろ試していい感じのことに気づいたらメモを取ると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です