トレードしやすいペアとあまり使わないペア

僕のトレード手法の一つにku-powerを使ってやりやすい通貨ペアを絞ってトレードするというのがあります。

これは過去記事で紹介しているので気になる人は見てみてください。

トレードの通貨ペアを絞る方法

2018年9月1日

やりやすい通貨ペアを絞る際にチャートの形がどうなっていようと、僕は避ける組み合わせというものも存在するので書いておきます。

似たような動きをする通貨はやりたくない

似たような動きをするものは以下のようなもの

  • AUDNZD
  • EURCHF
  • EURGBP

上の3つの組み合わせはなるべくやらないようにしてます。

それぞれ強い相関関係にあるのでどうしても似た動きをしてしまいます。

同じような動きをされてしまっては値動きが少なくなってしまったりレンジになってしまうので避けます。

USDCADも入れるか悩んでますがたま〜に触ってるのでなんとも言えないです。

CHFJPYもちょっと悩む。。。

上記以外でも直近で同じように動いてるなぁと感じた通貨ペアは触らないこともあります。

リスクオン・オフの関係

リスクオン・オフのときに似たような動きをする通貨もタイミングによっては避けます。

例えばリスクオフでJPYが買われるときなどはCHFも買われたりします。

このようなときはCHFJPYでトレードしません。

逆にリスクオフで売られるAUDと組み合わせてトレードします。

AUDJPYやAUDUSDでショートするという感じ。

リスクオン時に買われる

  • AUD
  • NZD
  • GBP
  • EUR
  • CAD

リスクオフ時に買われる

  • USD
  • JPY
  • CHF

 

リスクオンオフがわかる環境ならばそれぞれの組み合わせで有効なものが見つかると思います。

いつでもおすすめ通貨ペア

似たような動きをしない通貨どうしでなおかつリスクオンオフ時に反対の動きをする通貨がやりやすい?ということになります。

  • AUDUSD
  • AUDJPY
  • AUDCHF
  • NZDUSD
  • NZDJPY
  • NZDCHF
  • GBPUSD
  • GBPJPY
  • GBPCHF
  • EURUSD
  • EURJPY
  • CADJPY
  • CADCHF

CHF絡みはボラティリティが小さいかもしれないのでトレードする場合は値幅も気にするようにしてください。

最後に

おすすめと言いながらCHFは気をつけろとか、それおすすめって言える?みたいな記事になってます。

おすすめからCHFを除いても9通貨ペアは残りますね。

十分でしょう!!

やっぱりEURUSDとかいいんじゃないかな?

USDJPYがおすすめに入ってないのはどうして?って思われるかもしれませんが、今回はリスクオンオフに重きをおいて書いたのでそういうことになります。

僕はUSDJPYも普通にトレードしますし、「おすすめに書いてないからトレードしないぜ」みたいな思考停止はしないようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です