ダーツが刺さらないときに意識すること

最近ダーツが刺さらないことが頻発していたのですが、それが解消できたので書いておきます。

ついでにティップについても書いておきたいことがあるのでそれも一緒に。

刺さらない原因

重要な順で書いてます。

下に行けば行くほど重要度が下がります。

投げ方

一番大きな原因がこれ。

とにかく飛びが汚い場合に起こりやすい。

押し投げが強すぎると飛びが汚くなりやすいと思います。

セッティング

主に小さいフライトを使っている場合に起こりやすい。

他にも長いバレルを使うなどしても起こりやすい。

セッティングの重さが重い場合なども弾かれやすい。

ティップ

曲がったティップはもちろん刺さりにくいです。

メーカーによっても刺さりやすさは違います。

ティップとボードの相性

ここらへんからは否定的な意見です。

相性の良し悪しがあると聞いたことがありますが、そこまで無いような気もします。

ちゃんとデータを取ったわけではないので絶対とは言い切れませんが。

ボードのコンディション

これについてはお店次第だと思います。

そもそもセグメントが明らかに割れてるとかじゃない限りどこもだいたい同じレベルだと思います。

原因別対策

当たり前のことを書いていきます。

ですがこれができてないから刺さらないんじゃないかな?

とりあえず治せるところは治しておきましょう。

投げ方

押し投げが強い場合に起こりやすいならスイング割合を増やしてみればいいかもしれません。

僕の場合は普段はきれいに刺さりますが、クリケットなどをやったあとに押し投げが強くなってしまい刺さらなくなります。

とにかく矢の軌道をふんわりと。

角度のきつすぎるふんわりは逆に刺さらないのでスイングとプッシュの中庸で。

セッティング

フライトを大きくしましょう。

今使っているものよりも少し大きいぐらいでいいです。

めっちゃ小さいフライトからいきなりスタンダードにしたら感覚変わり過ぎちゃうかもしれないので。

シャフトも長すぎず短すぎない中間の長さにしておけばいいと思います。

短すぎてもフライトの影響力が下がりますし、長すぎるとフライトの影響が強すぎて矢先が何度も行ったり来たりして弾かれやすくなります。

重いセッティングの場合はもうどうしようもありません。

丁寧に矢先を上げてきれいな放物線で飛ばせるように意識しましょう。

刺さりやすいセッティング

フライト:スタンダードorシェイプ

シャフト:真ん中の長さ

バレル:長すぎないバレル

おすすめティップ

最近刺さらないことが起きたときにティップのせいだと思い、複数のティップを試してでた感想です。

ショートリップ:無難。高すぎず安すぎず耐久も普通。刺さりもまあまあ。


Fitポイントプラス:刺さりがキッツキツで抜けないことがあるかも。紙耐久。すぐ折れる。3投で折れた。

コンドル:高耐久。刺さりもまあまあ。リップと並ぶ無難。

コンドルアルティメット:コンドルの上位互換。高い。ティップが長いので折れてボードに残っても簡単に取り除ける為、家ダーツにおすすめ。

最後に

刺さらないのはとにかく投げ方のせいだと思います。

飛びが汚いのですよ。Aフラになっても刺さらんのはおかしいやろってことでティップを変えたりしましたが、わかったのは耐久性の違いだけでした。

刺さるときはどのティップでも刺さるし、刺さらんときはどれでも刺さりませんでした。

飛びをチェックするならロングバレルに最長シャフトを装備してティアドロップなどの小さめフライトをつけて投げるとわかりやすいですよ。

めっっっっちゃ汚い飛びをしてたらぐるんぐるんしてるのがわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です