押し戻りを取りに行くトレード

今まで書いてなかった手法です。

実はこれが一番僕の中では勝率高いんです。

やり方っていうやり方は存在しないのでトレードしたチャートの履歴とちょっとした解説だけします。

4時間足の状態

GBPAUDのチャートです。

4時間足は現在下げトレンドです。

この状態から小さな戻しを取りにいくため、ロングすることを考えます。

15分足の状態

GBPAUDの15Mです。

短期MAが反転してから、レートが再度短期MAを割ったところでロングします。

直近高値に利確を設定します。

ストップはトレンドが継続した場合のことを考えて安値の下においておきます。

利確

結果は15Mのチャートを拡大してもらうとわかります。

短期MAが反転したところで、矢印と点線が見えると思います。

エントリー後順調に上昇して直近高値に到達して利確です。

深夜の3時に仕掛けて10時に決済してます。

+36Pips

めちゃくちゃ簡単ですね。

勝率はだいたい70%あります。

が、トータルで見るとリスクリワード比率があまり良くありません。

リスク2:1リワードぐらいです。

最後に

トレンドが出るところはわからないけどトレンドが終わったり弱まるところってのは後追いでもできるので予想しやすいですね。

予想することを諦めるということも一つの考え方としては良いかもしれません。

検討を祈る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です